宮城県大豆生育状況8/19

種子用の丈は腹部当たりまで生育しています。昨日の雨の影響により水が少々溜まっています。

出荷用大豆は胸元くらいの丈までありました。既に花が落ち、実がなっていました。今年は前年より少し早く順調に生育しています。

晩生の品種では、丈が長いものは腰下程まで生育。7月の大雨の影響や種まきの順番が異なるため丈の長さが違います。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 仙台の桜が開花しました

  2. でん粉の試作テストを行いました

  3. アキウルミナ開催中です

  1. 登録されている記事はございません。
TOP