まめ知識




豆の概要



豆は本来マメ科植物の種子・果実として栄養を蓄え、その植物が繁殖するためのもの。
栄養が豊富で近年特に注目されている食料資源の1つです。
豆は穀物の中でも比較的豊富にたんぱく質を含み、人間社会では古くから栽培されてきました。
また、他の穀物ほど水を必要としない作物として優れた性質を持ち、
丈夫な皮を持つので収穫後に乾燥させても粒割れを起こさずカビや虫による食害も受けにくいなど、
保存や貯蔵の面で利点があります。
味の面では比較的クセが強いので、これを主食とする民族は意外にも限られていて、
食べ方としては、濃い味付けをする料理に入れたり、主食に混ぜて食べたり、
加工食品の原料として用いることが主流となっています。



豆の現状



◆豆を月1回以上使用する人





50〜60代は豆を料理に度々使いますが
「健康に良い食材」というイメージはもちつつも
豆を使わない若者が増えています。
今、20代〜30代の若者にも豆を使い食べてもらうことが必要です。


◆知られざる豆の効用

「知らなかった」小豆・金時豆の特徴トップ5(平成18年調査)


◆20〜30代の消費者の豆に対するイメージ


※財団法人 十勝圏振興機構  財社団法人 北海道豆類価格安定基金協会 調べ


というわけで・・・・・
私たち三倉産業は、消費者の皆様に
もっと豆を身近に、日常的に使ってもらえるように
豆の「劇的カンタン激うまレシピ」をご提案します!
これはまさに豆の大革命!?

→炊飯器で作るカンタンレシピはコチラ

→マッシュポテトレシピ

→その他アイデアレシピ